個人再生すると車は手放さないといけないか

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)(北海道札幌市)|個人再生すると車は手放さないといけないか

  1. 弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所) >
  2. 債務整理に関する記事一覧 >
  3. 個人再生すると車は手放さないといけないか

個人再生すると車は手放さないといけないか

個人再生による債務整理を行う場合、車を手放さなくて良い場合と手放さなければならない場合があります。車を手放さなくて良い場合の典型例は車のローンの支払いが終了している場合です。逆にローンを完済していない場合は車を手放さなければならにことが多いです。
しかし、ローンを完済していない場合であってもローン会社に車の所有権が留保されていない場合には車を手放す必要はありません。もっとも、通常のローンの場合にはローン会社に車の所有権を留保されていることが多いため、多くの場合はやはり車を手放さなければならないでしょう。

そこで、車のローンだけを一括弁済してしまうという方法も考えられますが、一部の債権者に弁済をすることは債権者平等を害する偏頗弁済にあたり、返済額に偏頗弁済した分が上乗せされてしまい返済額が上がってしまうという大きなデメリットがあります。そのため、この方法はおすすめできません。
しかし、車は人間の交通手段として大きな役割を担っているものですからなるべく手放したくないという方が多いと思います。そこでローンを完済していない場合でもいくつかの方法で車を手放さない方法があります。

まず、一つ目は親族にローンを完済してもらう方法があります。親族による返済であれば、偏頗弁済にはあたらないため返済額が増えてしまう心配がありません。しかし、親族にローンを引き継がせるにはローン会社の承認やローンの審査を通過させるほどの基礎財産が親族にあることが条件となります。

二つ目は別除権協定を利用する方法です。別除権協定とはローン会社との間でローンを支払うことを約束し、車の引き上げを取りやめてもらうという協定です。この協定は他の債権者との平等を害してしまうという側面を有しているため協定を結ぶためには裁判所の許可が必要となります。
しかし、裁判所に協定を認めてもらうためには一定の高いハードルが必要となるため認められる場合は多くないです。
個人再生に伴って車を手放さなければならないかという問題は車の販売会社、ローン会社との個々の契約内容に左右されることも少なくありません。そのため、契約書の存在が非常に重要です。契約書の記載内容が不明である場合には破産関係を専門とする弁護士に相談することもお勧めします。

札幌アメジスト法律事務所は破産関係の事案について多くの実績とノウハウを有しています。個人再生にお困りの方は一度当事務所までご相談ください。

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)が提供する基礎知識

  • 刑事告訴とは

    刑事告訴とは

    刑事告訴とは、警察官や検察官、労働基準監督署長に犯罪の事実を申告す...

  • 遺言書の効力が発揮されるときと無効になるときの違いとは

    遺言書の効...

    遺言書は、どのような形式であっても遺言書としての効力を持つわけでは...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、満20歳に満たない者が、犯罪を起こした、今後起こす恐...

  • 札幌市の自己破産が得意な弁護士をお探しの方

    札幌市の自...

    借金が重なり、返済が困難となった場合には最終段階として自己破産を検...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続の...

    遺産相続のトラブルとして起こりやすいのが、不動産に関わるものや相続...

  • 自己破産

    自己破産

    自己破産は、破産法という法律に則って手続きが進められます。 破産法...

  • 個人再生すると車は手放さないといけないか

    個人再生す...

    個人再生による債務整理を行う場合、車を手放さなくて良い場合と手放さ...

  • 名誉棄損

    名誉棄損

    インターネット上ではメディアでなくても、すべての人が自由に発言でき...

  • 後遺障害の認定で必要な書類とは

    後遺障害の...

    突然の交通事故により被害を受けてしまい、不運にも後遺症が残ってしま...

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)の主な対応地域

札幌市、北広島市、江別市、小樽市、石狩市、恵庭市

ページトップへ