遺言書の効力が発揮されるときと無効になるときの違いとは

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)(北海道札幌市)|遺言書の効力が発揮されるときと無効になるときの違いとは

  1. 弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所) >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺言書の効力が発揮されるときと無効になるときの違いとは

遺言書の効力が発揮されるときと無効になるときの違いとは

遺言書は、どのような形式であっても遺言書としての効力を持つわけではありません。
自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの種類には、それぞれ作成・開封の際に守らなければならないルールが存在しています。

例えば、自筆証書遺言はその名の通り、ご自身の自筆によって作成されなければなりません。他にも、遺言書の種類によっては公証人が必要となるなど、作成する際の細かな書式や方法が設定されています。
さらに、遺言書の開封の際にも注意が必要です。公正証書による遺言でない場合、遺言書を保管していた人、あるいは遺言書を発見した人は、その遺言書を家庭裁判所に提出し、「検認」を受ける必要があります。
加えて、遺言書に封印があった場合は、家庭裁判所で相続人などの立ち会いの上で開封しなければなりません。
そのため、遺言書を発見したからといって、すぐにその場で開封してはならないのです。

この他にも、ご夫婦やご兄弟などが2人以上で作成した遺言書は、「共同遺言書」と呼ばれ、法律的に有効であると認められていません。
また、遺言は必ずご本人の意思によって作成されなければならないため、「本人から聞いた内容を家族が書き留めた」「以前遺産について話しているのを聞いた」などの背景によって作成された遺言書も当然無効になってしまいます。

このように、遺言書には、遺言書を作成するご本人にも、また遺言書を開封するご遺族の方にも、注意しなければならない点が複数存在しています。
ご不安の方は、ご作成・ご開封の際、弁護士にご相談いただくことで、ご不安を払拭し安心した状態で相続に臨んでいただくことができます。
「相談というほどの悩みではないから…」とお考えになることなく、お気軽にご相談をお寄せください。

札幌アメジスト法律事務所(弁護士 土門敬幸)は、「迅速、誠実、満足と心の平和」をモットーに、離婚や相続、その他刑事事件、民事事件の解決に向けて全力を尽くします。
札幌市、北広島市、江別市、小樽市、石狩市、恵庭市を中心として、北海道にお住まいの方に広くお応えしております。
初回のご相談は無料でお受けしております。
遺言書や遺言書の効力についてお悩みの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)が提供する基礎知識

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、死亡した人がいないものの人が怪我をしてしまった事故を...

  • 詐欺

    詐欺

    詐欺罪は、振り込め詐欺、結婚詐欺、無賃乗車・無銭飲食など様々な種類...

  • 掲示板・SNS

    掲示板・SNS

    スマートフォンの普及によって、掲示板やSNSといったものがより我々...

  • 離婚費用分担請求

    離婚費用分担請求

    婚姻費用とは、夫婦の生活費や養育費など婚姻生活を維持するために必要...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    ■養育費とは 養育費とは、未成年の子どもの生活費や学費など、日常生...

  • 誹謗中傷

    誹謗中傷

    インターネット上でプライベートな情報を暴露される、明らかにうその情...

  • 名誉棄損

    名誉棄損

    インターネット上ではメディアでなくても、すべての人が自由に発言でき...

  • 痴漢

    痴漢

    痴漢といえば、混み合った電車の中で異性の体を触るという行為がまず思...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    ■離婚後の氏と戸籍 結婚で苗字が同じになるということを知らない人は...

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)の主な対応地域

札幌市、北広島市、江別市、小樽市、石狩市、恵庭市

ページトップへ